3月19日 更新さぼり

すみません・・・。
更新遅れました。
ちょっと時間がなくって・・・なんて言い訳しておきます。
けっこう書くことあったような気がしたけど、うーむ。

とりあえず先週あった事件を。

先週はまたまた内装の工事で、店内に大きな本棚をつけました。
深夜にまでおよぶ工事が済み、作業をした男3人で餃子を食べ、さー帰ろうかと思った時に家の鍵を実家に置き忘れたことに気づく。もう遅いので、ホテルに泊まるか、鍵のSOSを呼ぶかの選択をしなければいけない。実家からの帰りなので、着替えやヒゲソリなども持っているが、ホテルに泊まるってのもどうも気がすすまない・・・。
鍵のSOSって料金が高いって分かっていても、やっぱりホテルよりはいいだろうということで、早速呼ぶことに。呼んだ時点で深夜の1:00過ぎ。あと1時間ほど待ってもらわないと家の方にまで来れないということだったので、仕方なしに深夜のファミレスへ。
家の近くのファミレスに初めて来たんだけれど、深夜のファミレスはなんだか異様な雰囲気。
店内で歌をうたう秋葉系の人や、席に座って居眠りする女性。受験勉強っぽい学生さんや怪しい団体などなど店員までおかしな人に見えてくる。こんな状況にいるとホント家出少年の気分で帰るに帰れないってこんなに心細いのかと初めて分かった。
で、そうこうしていると、携帯がなり鍵屋さんが家の到着したとのこと。
早速行ってみると軽自動車に乗ったおじさんが待っていて、僕が呼んだ事を伝えると、書類を渡され住所氏名などを記入し、ここに住んでいる証拠とし携帯で顔写真を撮られ、やっとうちの開かずのトビラ前へ。
よくTVなどで見るピッキングの要領でカギをガチャガチャするのだと思いきや、うちのカギは新しいタイプなのでやり方が違って、のぞき穴にドリルで穴を開け、そこからマジックハンド的なアームを入れ、ドアの内側からカギを開けてくれた。これだとのぞき穴を新しいのと交換するだけで、今までのカギはそのまま使用できる。
この作業だいたい5分ほどで終わり、料金は13000円也。ちょっといらない痛い出費でありました。次の日もカギがないので、家を出かける際はTVと室内の電気を付けたまま出かける羽目に。カギを開けっ放しの外出は危険だったけど、仕事があるのでどきどきな一日でした。

ちょっと勢いで書いたので、読みにくいかも?な日記でした。
また明日にもかければ近況を書きます。ではでは。
[PR]
by bon_jour | 2006-03-19 20:06 | 2006年 3月


<< 3月21日 手作りのお店 3月13日 京都、大阪行ってきました >>