いろいろたてもの

今日もスフレンハイムの続きです。

アルザスの家の特徴は、木が建物の表面に見えていること。
この様式がほのぼの、素朴に見える要因かもしれません。
個人的な意見としては、アルザス地方は冬がとても似合いそうな雰囲気。窓辺に飾られたキャンドルの灯火がユラユラゆれて・・。そんな素敵なクリスマスを想像しちゃいます。
暖炉の前で語らいながら、ゆっくりと冬の夜を過ごせたら・・・・。

c0044390_198719.jpg


c0044390_198175.jpg


c0044390_1982712.jpg

こんなお店があちこちにあります。

c0044390_1984289.jpg

お店の横に窯があって、運がよければ製作風景も見れます。

では、また続く!
[PR]
by bon_jour | 2005-07-25 19:10 | 2005年 7月


<< 7月27日 本日、夜出発!! 7月22日 焼き物の村 >>