7月22日 焼き物の村

そう、ここスフレンハイムは焼き物の町というより村でして、国道らしき道路がずずっと1本走っていて、その道の両脇にいろいろな窯元がショップを開いているという状況。
行く前に勝手に想像していたのは、深い森の中にある小さな村で、山の斜面を利用した窯がずらーーっと並んで・・・みたいな感じかな?と思っていたら意外と近代的です。

c0044390_10263117.jpg


いわゆるお土産物屋さん的なお店も多いですが、中にはかわいい食器もチラホラ。

c0044390_10271068.jpg


今回は飛行機での移動だったので、重量を気にして少しだけ購入。(あとでもっと買ってくればと後悔)

c0044390_10273043.jpg


この日は空が真っ青で、少し暑い一日。
一人トボトボと村を歩いていると、ちょっとクラクラしてきます。
村で一軒のみ開いていたレストラン兼カフェにてコーラを注文。やっぱり夏はコーラです。ハイ。

この村は歩いてまわっても1時間ほどですべて見れそうです。
本当は建物などじっくり見たかったけれど、そろそろ本日の予定は終わり・・・ということで、また次回じっくり見に行こうと思ってます。(9月ごろ)

c0044390_10275940.jpg


最後に一枚!
こんなクルマが村の中を走ってます。けっこうデカクてびっくり。
c0044390_10281970.jpg



● パリ通信

今日もいい天気。
パリジャンはバカンス中で、ホントに静か。
今日は10年ほど連れ添った仲間と別れた。
僕の青春の詰まったモノと。
そう、なんのことはないTVですが、長ーい付き合いでした。
何度も何度も修理に出して、(自分で中も開けて修理したことも)それでも使い続け、最後は画像が横長になって、しばらく使うと砂嵐が起こって・・・・。フランスの家電はよく壊れます。
で、そのTV!
是非再利用してもらいたいと、家の前にこっそり置き去り。
「え?大型ごみは勝手に捨ててはいけないのでは???」
なーんて心配はご無用。
勝手に誰かが持っていくか、最終的には大型ゴミの収集車が巡回して来ます。
夕方において、家の窓から誰か持って行かないかな???っと気にしながら見てましたが、TVが全く写らないと思ってか、誰も持っていく気配がない。
ちょっとかわいそうだな、一応映ります!とメッセージ書いたほうが良かったかな?とおも思いましたが、夜にまた見てみると、すでにどこかの家庭に旅立ったあとでした。
僕のHITACHI君!新しい家にかわいがってもらってね。
あーそういえばリモコン付けるの忘れてた。
明日こっそり置いてこようかな??

夜中だと筆(キータッチ)が進む管理人でした。

この旅つづく
[PR]
by bon_jour | 2005-07-22 10:26 | 2005年 7月


<< いろいろたてもの 7月20日 北へ北へ >>